日曜日しか仕事ができない…それでも派遣登録できる?

学生などの中には普段は授業のスケジュールがたくさん入っていて、平日は一切仕事のできない人も多いでしょう。でも日曜日は休日だから、仕事をして給料を稼ぎたいと思っていませんか?日曜日だけの仕事も、派遣会社であればたくさん抱えているはずです。そこで特定の派遣会社に登録して、日曜日だけの案件を紹介してもらいましょう。自分で探すわけではなく、メールなどで紹介してくれるので手間の省けるところも派遣登録をしておくメリットです。日曜日だけ仕事のできる案件を見てみると、いくつかの職種が考えられます。

まずは軽作業スタッフの案件です。倉庫や工場に行って、1日だけ仕事をして給料をもらう方式です。倉庫や工場の中には24時間稼働しているところも多く、日曜日でもスタッフの受け入れをしている所はたくさんあります。仕事と言っても単純な組み立てや梱包、運搬、検品といった作業です。このため、全く仕事したことのない人でもしばらくやれば仕事のやり方は簡単にマスターできるはずです。単純作業になりますから、長時間単調な仕事でもコツコツやれるような忍耐強さが求められます。最近の軽作業スタッフの募集を見てみると、飲み物のおまけのついてくる案件などプラスアルファの特典を付けているものも見られますから、細かな条件もしっかりチェックしておきたいところです。

また試験監督の案件も、日曜日にしばしば募集されています。試験会場内で掲示物の張り出しや受験生の机などの整理、試験内容や注意点の説明、試験問題の配布といった仕事を行います。試験監督と言っても、流れに関してはマニュアルが渡されますのでそれを見ながら進行できます。また責任者がフロアごとに配置されているので、自分では対処できない問題の発生した場合、この責任者に対応をお願いすることも可能です。このため、未経験者でもできる仕事でしょう。試験監督の案件は、大量に募集されることが多いです。そこで申し込めば、面接試験なしで自動的に採用されることが多いのも魅力です。時給で900〜1000円程度の求人が多く、割の良い仕事といえます。

女性におすすめの仕事として、アパレル販売のスタッフの求人もあります。日曜日は多くの人が休日なので、ショップには普段と比較すると多くのお客さんが訪れます。このため、日曜日だけでいいから手伝ってほしいというお店は多いのです。アパレル販売のスタッフになると接客が中心で、お客さんから服のコーディネートなどを相談されることもあります。自分のファッションセンスを仕事に生かせます。

 
Copyright © 2015 学生バイトの人材派遣会社登録おすすめ情報局. All rights reserved